スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2017年04月27日

博多阪急でリンゴパン(ヤキリンゴ)を催事販売へ

長崎県・新上五島町産業サポートセンターSima-Biz(シマビズ)

センター長の平義彦です。




今もこの島で人気の「ヤキリンゴ(リンゴパン)」。






今回、博多阪急の催事販売会に招待され、

「1日50個限定」で販売することになりました。






期間は5月5日~5月9日限り。

福岡のお客様がどんな反応をするか楽しみです。

※市川商会、パンランドかんちゃんが出品します。

  
タグ :パン


Posted by 五島列島のSima-Bizセンター長 at 17:40Comments(0)上五島のパン

2016年10月12日

上五島のリンゴパン、長崎港販売開始



長崎県新上五島町で今も人気の「リンゴパン」(ヤキリンゴ)が、
長崎港フェリーターミナルで購入できるようになりました。

懐かしいでしょう、あのリンゴパンです(笑)。

長崎市の旧東洋軒が発祥とされ、
商品化されたのは昭和30年代とか。

かつては人気だったリンゴパンも年々、
長崎市内で姿を消しつつある中、上五島では今も人気です。
現役の人気パンなんです。

昭和のかおり漂う、昔懐かしい手作り品で、
「フローレンス市川商会」
「パンランドかんちゃん」
「ほりえ製菓店」-町内3店舗が製造・販売しています。

今回、船会社「五島産業汽船」がリンゴパンの取り次ぎ販売をスタートしました。
購入する前日の午後3時までに同社鯛ノ浦営業所(0959・42・3939)
に電話にてご注文ください(事前予約制)。
3店舗が10日おきに製造を担当します。

数量は1日限定20個で、
価格は送料込み5個入り945円、
10個入り1,590円=ともにセット販売のみ=。

今回の新規事業のポイントは、
①島外に住む上五島出身者がリンゴパンをお取り寄せしている
②長崎市の人がリンゴパンを懐かしんで買っている
③商工会青年部のメンバーが福岡市での催事でリンゴパンを
販売したところ、大好評だった―などの“裏づけ”から、
今回の長崎港販売につながりました。

昔ながらのリンゴパンをぜひご賞味ください。

※本プロジェクトは新上五島町のよいモノを本土に紹介する
事業の一環です。新上五島町産業サポートセンター
Sima-Biz(シマビズ)も支援しています。




  


Posted by 五島列島のSima-Bizセンター長 at 10:25Comments(1)上五島のパン

2016年08月03日

リンゴパン

そう、あのリンゴパン。

長崎市民には身近な元祖、菓子系パンの代表格。

しかし、大手の安価なパンをのぞくと、

その姿をめっきりと見なくなりました。



それが。

それがですね。

長崎県五島列島上五島では、現役バリバリ。

今も島内3店舗が腕を競い合います。



■なんとも昔懐かしいルックス!


このリンゴパンはルーツをたどると、

長崎市のあの東洋軒らしい。

フェイスブック仲間を駆使して調べたところ、

リンゴパンを知っているのは九州人のみ。

東京の人も、愛知の人も、

それこそ、リンゴの本場青森も長野の人もその存在を

知りませんでした。



これはこれは希少パン。

五島列島より、九州本土へ売り込む作戦を

仕込んでいます。

長崎市で買うことができる仕組みに

知恵を絞っています。

決まり次第、ご報告します。






  


Posted by 五島列島のSima-Bizセンター長 at 18:30Comments(0)上五島のパン

2016年07月24日

東京・渋谷で上五島の旨い魚を食べることができます。

Sima-Bizセンター長・平義彦です。

6月、東京・渋谷で話題のお店に行きました。

「五島列島酒場 上五島」へ。






いやー、うまかったです。

五島列島上五島を愛するお客様の熱気がムンムン。

東京在住の長崎県人にぜひご紹介したいです。

私はイカのゲソの煮込みにほれました。

お酒も「五島灘」をはじめ長崎県産酒がずらり。







このお店は「際コーポレーション」が経営しており、

上五島での人気ホテル・マルゲリータも同社が運営

しています。「紅虎餃子房」でお知りの方も多いはず。

http://www.kiwa-group.co.jp/  


Posted by 五島列島のSima-Bizセンター長 at 09:55Comments(0)上五島のパン